義歯(入れ歯)

治療を考えている方へ

義歯(入れ歯)治療は、以下のような方にお薦めです。

  • インプラントを用いずに、歯をできるだけ削らずに治したい(咬めるようにしたい)方。
  • 失った歯の部位や本数の関係で、ブリッジでは対応が困難な方。
page_top

義歯(入れ歯)とは?

義歯(入れ歯)とは?歯を失った部分を補うための取り外し可能な器具です。材質・大きさ・形などは多様で、失った歯の本数や部位に応じ、幅広く対応できることが特徴です。

義歯は保険適応のものと保険適応外のものがあり、用いる材質・義歯の設計により分かれます。いずれの義歯の場合でも作製後は、取り外しの練習や快適に使うための微調整などが必要になります。

page_top

義歯の種類

保険適応 名前 特徴



総義歯
総義歯

部分義歯
部分義歯

部分義歯
保険診療でカバーされている治療ですので、比較的低料金で治療を行えます。義歯本体はプラスチックでできています。強度を保つためプラスチックの部分が多く、ぶ厚くなります。そのため、話しづらい・温度がわかりにくいなどの違和感があることも多々あります。
残っている歯が不安な状態な時に修理がしやすいという利点があります。
また、初めて義歯を用いる方に、まず試して頂く場合にも適していると思われます。




金属床義歯
総義歯

総義歯

義歯の主体に金属を用いたものです。プラスチックと比較して厚みを薄くできるため、食事やお話する時の違和感が少なくなります。また温度変化も感じやすくなるため、より快適な義歯といえます。しかし、金属の部分が多くなるため、修理が難しいことがあります。

金属床義歯(保険適応外)と保険適応の義歯の厚みの違い
金属床義歯 金属床義歯と保険適応の 義歯をあわせたサンプル

厚みを計測できる専用の機器を用いてそれぞれの厚みを計ったところ、金属床義歯の厚みは約1mm、保険適応の義歯は約4mmになる結果が得られました。

金属床義歯
金属床義歯の厚み
↑約1/4の厚みになります

金属床義歯
保険適応の義歯の厚み

症例はこちら >>





金属のバネをほとんど用いない義歯(ノンクラスプ義歯)
総義歯

総義歯

金属のばねをほとんど用いないことにより審美性に優れた義歯です。柔軟性があり、柔らかい義歯です。材質が特殊なため、修理が難しいことがあります。

歯に引っ掛ける部分の比較
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
保険適応の義歯
保険適応の義歯

歯肉の色をしている樹脂を用いているため目立ちません。金属の色を気にされる方に適した義歯といえます。

ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
保険適応の義歯

柔らかい素材で弾力があります。
指でつまむと簡単に曲がります。

症例はこちら >>





磁性アタッチメント
(マグネット式)
義歯・コーヌス義歯

磁性アタッチメント義歯
磁性アタッチメント義歯

残っている歯の上に義歯を乗せるタイプのものです。バネを使用せず、余分な金具なども使用しないので審美的にも優れています。

磁石を残った歯につけ、入れ歯の内側にも磁石をはめ込むことで、通常の入れ歯よりも、ずれたり・浮いたり・落ちたりしにくくなります。

症例はこちら >>





インプラント義歯
インプラント義歯

インプラントを何本か用い、それに義歯を固定します。
審美的に優れており、義歯が浮く・ずれるなども少なくなります。
>>インプラントについて詳しい情報はこちら

注意事項

義歯は様々な形に応用できるため、上記のように簡単に分類をすることは難しく、症例によってはいくつかを組み合わせた設計になることもあります。
お一人お一人、歯の状態は異なるためそれぞれに適した設計をする必要があります。
義歯は設計や欠損の本数によりかなり違うため、治療費はあくまで参考資料となります。

page_top

他の治療との違い

歯の欠損部(無い所)を補う方法

名前 義歯(入れ歯) ブリッジ インプラント
長所 簡便・修理しやすい・歯が少なくても用いることができる・いろいろなタイプがある 固定性・入れ歯に比べ咬みやすく発音しやすい・違和感が少ない 咬みやすい・両隣の歯を削らない・両隣の歯に負担がかかりにくい・発音は天然歯時とほぼ同じ
短所 厚みがあり、違和感がある・発音しづらい・はずれることがある・咬む力は天然歯の3割程度・義歯を支える歯に負担がかかる 前後の歯を削る必要がある・清掃性が悪い・両隣の歯への負担が大きい 外科処置を伴う。最終的な歯が入るには時間がかかる。
保険治療 プラスチックでできた歯と粘膜を金具で歯に引っ掛けます 。

 

歯を削る量により、小さいタイプと大きいタイプがある。(自費治療との違いは金属になります)


小さいタイプ


大きいタイプ

保険外治療
の種類
・違和感の少ないタイプ
・金具の目立たない義歯
・複合タイプ

・セラミックで覆われ、審美性に優れたタイプ


・プレシャス・セミプレシャスメタルを用いたむし歯になりにくいタイプ

インプラントは自費治療になります。上部構造(かぶせ物)の種類、顎の骨の状況、手術の難易度(骨移植の有無)、鎮静法使用の有無により治療費が異なります。

標準治療費:42万程度
(上部構造:メタルボンド)
page_top

症例

ノンクラスプ義歯(金属のバネをほとんど用いない義歯)

治療前

保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例

金属が目立っています。

治療後

保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例
保険適用の部分義歯からノンクラスプ義歯へ変更をした症例

金属の目立っていた箇所も、ノンクラスプ義歯を使用したことで目立たなくなりました。


 
 
 

マグネット、金属の複合タイプ(ブリッジになっていた左上の歯がとれたケース)

治療前
治療前
治療前
治療中(保険の義歯)
治療中(保険の義歯)

まず保険の義歯作成

治療後(自費の義歯)
治療後(自費の義歯)

治療後(自費の義歯)
治療後(自費の義歯)
 
治療後(自費の義歯)
治療前
治療前


患者様の声

保険の義歯では、上顎のプラスチックの部分が厚く、違和感があり話しにくい感じがしました。また、左上前歯の金具も気になりました。その後に作製した自費の義歯では、内側が薄い金属になり、金具もなくなったため、とても快適にお話や食事ができるようになりました。
(磁石を用いた)このような方法があるとは知らず、びっくりしました。今後は残った歯を大事にしていきたいと思います。

歯科医師より

インプラントや片側のみの小さな義歯などいろいろな方法が考えられましたが、咬み合わせの力が強いこと、根だけでも残っている歯を少しでも用いたいことを考慮にいれ治療にあたりました。
今後は残っている歯を大事にして頂けたらと思います。

page_top

費用

※価格は税抜表記になります。
治療内容 費用
薄い金属を用いた物 200,000円〜
金属の針金の目立たないもの 150,000円〜
医療費控除についてはこちらから>>
page_top

注意事項

・着脱は手指で丁寧に行ってください。噛んで入れることは控えてください。

・就寝前にはずし、水中で保管してください。

・義歯は清潔に保ち、適宜義歯洗浄剤を用いてください。

・義歯を支える歯の周囲には、汚れがたまりやすくなります。歯は丁寧に磨いてください。

・初めての義歯は、慣れが必要です(食べづらかったり、発音しにくかったりします)。

・義歯は時々調整が必要になります。噛めない、痛い等ございましたら、調整にいらしてください。

page_top

よくある質問

→ 保険診療の入れ歯と自由診療の入れ歯では何が違いますか?
保険診療の入れ歯は使用できる材料や設計に制限があります。安価なのがメリットですが、プラスチック部分が多くなるため、厚みがありどうしても違和感が出てしまいます。
一方、自由診療の入れ歯は保険のものより割高ではあるものの、皆様一人ひとりの要求に適した素材を選ぶことが可能です(オーダーメイド)。
一般的に自由診療の入れ歯は違和感が少ない、強度が強い、審美的であると言えます。
→ 入れ歯はどれくらい費用のかかるものなのですか?
種類によって異なります。
→ 入れ歯を長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょう?
入れ歯を清潔に保つこと、お口の中を清潔に保ち残った歯を虫歯や歯周病にしないこと、大事に用いることが挙げられます。
→ 入れ歯洗浄剤は使った方がいいの?
入れ歯洗浄剤は毎日用いて清潔に保ってください。
→ 治療にはどのくらいの期間が掛かりますか?
お口の中の状況により異なります。作製だけであれば、概ね1ヶ月くらいです。一方で、入れ歯を支える歯に虫歯や歯周病がある場合、まずその治療が優先されるため治療期間が長くなることがあります。
page_top
  • つめ物・かぶせ物
  • インプラント
  • 義歯(入れ歯)
  • 顕微鏡治療
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 根管治療
  • 最新の歯科治療
  • 一般歯科の知識
  • 治療費用
  • 保険治療と自費治療の違い
イシヅカデンタルオフィス
JR大森駅東口より徒歩3分
イシヅカデンタルオフィス
イシヅカデンタルのブログ