矯正治療

矯正治療で目指すもの

矯正治療とは歯に力を加え、歯並びを整える治療です。
矯正治療で目指すもの受け口、出っ歯、開口、八重歯、正中(前歯の中心の位置)のずれ、歯がすいている、歯並びがデコボコしているなどの状態を治療します。歯並びを整えることにより見た目の審美性だけでなく、かみ合わせや発音もより機能的にすることができる効果もあります。

皆様が感じている矯正治療のイメージでは「歯に目立つ針金をつけて行う治療」と思います。
近年では矯正治療を受ける人も増え、一般的になっただけでなく、治療法や矯正装置も多様化して、目立ちにくい透明な物、裏側に装置をつける方法、装置をつけないでマウストレーで行う方法などあり、より皆様になじみやすく、行いやすい治療になったともいえます。

また、矯正治療は歯並びを治すものなので、年齢や時期に制限はありません。
決心がついた時が治療の機会と思われます。
ただし、症例によっては歯の交換期や体の成長期に合わせて行った方がより効果的なこともあります。

page_top

矯正治療の流れ

ホワイトニングの流れ ホワイトニングの流れ
矯正治療は、時間をかけて歯の位置を移動させます。そのためしっかりスケジュールを立てて治療を行う必要があります。
※ここでご紹介する治療スケジュールは一般的なものになりますので、目安としてお考えください。
Step

初診相談

現在の歯並びについて、気になる点やお悩みなどをお聞きしながら診察し、矯正歯科の概略・費用・期間などをお話します。

現状を把握

Step

精密検査

診断に必要なレントゲン・お口の中の写真などを撮影します。また、お口の型をとり、歯の模型を作製します。
状態によっては、顎関節のレントゲン・顎の動きの検査・CT撮影などを行うこともあります。

現状を把握

Step

検査結果の説明

精密検査の結果をもとに、現在の歯列の状態とこれからの治療方針・期間・費用の詳細を説明します。

現状を把握

Step

歯磨き指導とクリーニング

治療中にむし歯や歯周病にならないように予防処置をします。
また、すでにむし歯がある場合は歯科矯正治療を始める前に、むし歯や歯周病の治療を行います。

現状を把握

Step

動的治療<歯の移動> 約半年〜3年

矯正装置を装着し、歯を動かして段階的に治療を進めていきます。
装置の装着後は約3〜4週間ごとに来院し、様子を診ながら調整していきます。
治療期間は患者様の年齢や歯並びの状態により大きく異なります。
また、歯磨きなどのホームケアを怠ると治療をスムーズに進めることができなくなります。矯正治療中は歯磨きなどのホームケアをしっかりと行ってもらうようにします。

現状を把握

Step

静的治療<保定> 約2年

歯並びが整った(動いた)後は、しばらく歯がもとの場所にもどりやすいため、噛み合わせが安定するまで保定装置を用います。これにより移動した歯をしっかりと安定させることができます。

現状を把握
page_top

小児の矯正治療

小児の矯正治療の目的
(1)上顎と下顎のバランスを整えること
(2)永久歯への生え代わり正常に導き、歯の萌出異常を最小限に抑えること
また、小児の矯正を行うことにより、その後の矯正治療での永久歯の抜歯を少しでも回避することができます。

矯正の開始時期
咬み合わせのタイプにより、開始時期が異なります。受け口、開咬などは乳歯列の時(4歳〜)から、出っ歯(上顎前突)、歯のデコボコ(叢生)などは永久歯への生え代わりが始まってから(6歳〜)行われることが多いと思われます。一方で、永久歯への生え代わりの年齢は個人差があること、最近では乳歯、永久歯の先天欠如(もともと無い)や癒合なども多くみられることから、まずはお早めにご相談いただけたらと思います。

習癖について
口呼吸、指しゃぶり、爪咬み、唇咬み、舌癖などの習癖も歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。歯並びの改善とともに習癖の改善も小児の矯正の重要なポイントになります。

小児の矯正と、大人の矯正の考え方の違い
大人の矯正は「歯を動かし、並べること」が基本にあることに対し、小児の矯正は「顎の成長を正常に導くこと」が基本になります。そのため、成長期以降に歯並びの矯正が必要になることもあります。

page_top

色々な咬み合せ

良好な咬み合せ

良好な咬み合せ

奥歯でしっかり咬め、前歯は上の歯が下の歯に少しかぶさる程度になっています。
正中(前歯の中心)も揃っていて、審美的で機能的な歯並びといえます。 良好な咬み合わせ

うけ口(反対咬合)

うけ口(反対咬合)

下の歯が上の歯よりも前にはえている状態です。

出っ歯

出っ歯

下の歯と比較して、上の歯が必要以上に前に出ている状態です。

開咬

開咬

指しゃぶり、舌を出す癖、口で呼吸する癖などが原因ともいわれています。奥歯が咬み合っているにも関わらず、前歯が咬み合わずに開いている状態です。食べものを咬み切れなかったり、発音時に息がもれることがあります。

八重歯・そう生

八重歯・そう生

犬歯が外側に出ている状態です。
八重歯・そう生

症例はこちら >>

page_top

症例

八重歯・そう生

症例

患者様の声

矯正期間は2年半と時間はかかりましたが、結果には大満足です。
歯並びで悩んでいる方はぜひ考えると良いと思います。

歯科医師からの解説

矯正期間中は歯が磨きにくくなりますが、普段からのお手入れは良好でした、長い期間装置をお口の中に入れていたことは大変だったと思いますが、正面からとても調和のとれた歯並びになったと思います。

page_top

メリットデメリット

メリット


  • 笑顔が美しくなる
    歯並びがよいと、美しい笑顔をもたらしてくれます。美しい笑顔は自信にもつながります。
  • むし歯や歯周病になりにくくなる
    歯並びが悪く歯がデコボコと並んでいると、隙間に汚れが溜まりやすく、歯磨きをしても十分に汚れを取り除くことができません。むし歯や歯周病になり易くなります。歯並びをよくすると歯を磨きやすくなり、むし歯や歯周病のリスクを減らすことができます。
  • 食べものが咬みやすくなる
    咬み合わせがよいと食べものをよく咬むことができます。
  • 発音がしやすくなる
    歯並びがよくなることで舌がスムーズに歯にあたり発音が良くなることもあります。
  • 顎や顔の発育を促す。
    顎の骨や顔の筋肉は、食べものを噛むことで成長します。よい咬み合せは正しく咬むことにつながり、きれいな成長を 促します。

デメリット


  • 治療期間が長い
  • 矯正装置に異物感がある
  • 歯に力が加わるため、少し痛みを感じることがある
  • 歯が磨きにくい
  • 見た目に矯正装置が目立つ時がある
  • 健全な歯の抜歯が必要な時がある

※矯正治療の治療方法、治療期間、メリット、デメリットは個人により異なります。
必ず矯正前に担当医と相談し、確認してください。

page_top

費用

※価格は税抜表記になります。
治療内容 費用
矯正相談 無料
診断料 50,000円
矯正治療費(小児から成人) 600,000円
矯正治療費(小児短期) 300,000円
装置調整料(毎回来院時) 5,000円
医療費控除についてはこちらから>>
page_top

よくある質問

→ 矯正の期間はどれくらいかかりますか?
症例により異なります。2ー3年程度が一般的ですが、抜歯が必要な症例、歯並びの不正が大きい症例はさらに期間がかかることがあります。
→ 通院の間隔はどれくらいになりますか?
装置により異なりますが、おおむね月1度になります。
→ 永久歯の抜歯は必要ですか?
歯の大きさ、歯列不正の状態、前歯の位置、側貌、皆様の考え方などに抜歯の必要性は異なります。当院では皆様と相談し、決めさせて頂いています。
→ 矯正中に痛みはありますか?
矯正中は歯に弱い力をかけて、ゆっくり移動させます。とても弱い力なので、痛みを感じることは少ないのですが、痛みの有無は、処置の内容、皆様の感覚、体調などにより異なるため、「痛みが出る可能性がる」とお答えしています。
→ 矯正中の歯磨きは難しいのでしょうか?
矯正中は、お口の中に装置がつくため、歯の磨きにくい部分が多くなります。お手入れが悪いと、むし歯や歯周病のリスクがあがります。当院での矯正治療では、皆様の口腔衛生状態もチェックをし、必要があれば、指導・クリーニングもその都度行っております。
→ 矯正中の食事に制限はありますか?
固い食べ物などが装置にあたると、装置が外れやすくなりますのでご注意ください。
page_top
  • つめ物・かぶせ物
  • インプラント
  • 義歯(入れ歯)
  • 顕微鏡治療
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 根管治療
  • 最新の歯科治療
  • 一般歯科の知識
  • 治療費用
  • 保険治療と自費治療の違い
イシヅカデンタルオフィス
JR大森駅東口より徒歩3分
イシヅカデンタルオフィス
イシヅカデンタルのブログ